ADV ACEメディカル装備に関する手記

提供: Canned Catfood Gaming Community Wiki
Jump to navigation Jump to search

このページでは、2018年3月期より追加されたADV ACEシリーズの扱い方についてのメモを綴っていきます。

SAM Sprint

概要

Sprintとは、英語で「副木、添え木」という意味です。

Wikipediaによると、

副木(ふくぼく)とは骨折した部分や関節などを臨時的に固定する器材である。副子、シーネ、添え木とも呼ばれる。[1]

とのことで、骨折箇所の固定に使う医療器具を指します。

ADV ACE Splintで追加される添え木は、骨折して走れなくなったプレイヤーの足や、同様に手ブレがひどいプレイヤーの腕などに

当てることにより、再び走れるようにしたり、手ブレを軽減させることができます。

使い方

  1. 当該プレイヤーの骨折箇所を止血、縫合する
  2. Medicalメニューより骨折箇所を選択しSAM Sprintを選ぶ
  3. ゲージが貯まるのを待つ
  4. ゲージが貯まったら処置完了

この処置手順で、当該プレイヤーは再び歩けるように/手ブレが軽減されるようになります

Automated External Defibrillator

概要

駅や学校などの公共施設でおなじみの、いわゆるAEDです。日本語では「自動体外式除細動器」といいます[2]

AEDは、心肺停止状態に陥ったプレイヤーに対し使用することで、脈拍を40まで回復させることができます。

使い方

  1. 心拍と血圧を確認し、心拍がない(= no heart rate)のを確認する
  2. 当該プレイヤーの出血箇所を全て止血、縫合する
  3. Medicalメニューより胴体を選択しAutomated External Defibrillatorを選ぶ
  4. ゲージが貯まるのを待つ
  5. ゲージが貯まったら、心拍を確認し40に回復するまで3~5を繰り返す
  6. 心拍が40まで回復したら、血圧を測り、血圧が低ければ輸血をする
  7. 心拍と血圧が正常値まで戻ったら、モルヒネを投与し痛みを取り除く(カウンターでエピネフリンを打つまでがセット)
  8. 当該プレイヤーの意識が回復するのを待つ

この処置手順で、当該プレイヤーは息を吹き返し戦線に復帰することができます。

注意

この処置を全て終えるまでに5分~8分かかります。状況を見て、時には上の判断を仰いでだ上でPAKの使用も考慮してください。

出典